モアイ像177体に被害 10月の山火事で ユネスコが視察

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
チリ・イースター島で火災の被害を受けたモアイ像=10月(ラパヌイ市提供・共同)
チリ・イースター島で火災の被害を受けたモアイ像=10月(ラパヌイ市提供・共同)

 南米チリ領イースター島で10月に起きた山火事の被害を視察した国連教育科学文化機関(ユネスコ)は3日までに、少なくともモアイ像177体に被害が出たと発表した。像のある国立公園は1995年にユネスコの世界遺産に指定された。

 火災は10月初めに発生、島東部ラノララクなど約240ヘクタールが焼けた。チリの…

この記事は有料記事です。

残り118文字(全文268文字)

あわせて読みたい

ニュース特集