特集

米中間選挙2022

米大統領選の中間の年に連邦議会の上下両院、州知事などの選挙が一斉に実施される中間選挙が11月8日に投開票されます。

特集一覧

米中間選挙の事前投票好調 有権者の関心高く 過去最高に迫る勢い

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米中間選挙と大統領選の投票率の推移
米中間選挙と大統領選の投票率の推移

 米中間選挙(8日投開票)では期日前投票や郵便投票で事前に投票を済ませる人が前回(2018年)を上回るペースで増えている。新型コロナウイルスの影響で事前投票が急増した20年の大統領選ほどではないが、有権者の関心の高さを示しており、投票率が過去100年で最高だった前回(50%)並みに伸びる可能性もある。

 フロリダ大学が運営する「米国選挙プロジェクト」によると、期日前投票や郵便投票による投票者数は3日夕までに約3300万人に上り、前回の総数(約3900万人)を上回る勢いだ。郵便投票の申請数も5700万件を超え、前回より5割以上増えている。

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文810文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集