茨城の養鶏場で鳥インフル 104万羽を殺処分 関東で今季初の発生

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
茨城県庁=水戸市で、仁瓶和弥撮影
茨城県庁=水戸市で、仁瓶和弥撮影

 茨城県は4日、かすみがうら市の養鶏場で多数の鶏の死骸が見つかり、遺伝子検査の結果、高病原性鳥インフルエンザの陽性が確定したと発表した。飼育する採卵鶏約104万羽の殺処分を始めた。農場での発生は関東では今季初めて。

 3日に養鶏場から報告を受けて簡易検査を行い、4日に陽性と確定した。県は半径10キロ圏…

この記事は有料記事です。

残り51文字(全文201文字)

あわせて読みたい

ニュース特集