秋のスイカにわかりやすい新名称を 産地の小学生「斬新」に考案中

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
社会科の授業でスイカの話を聞く日吉台小学校の子どもたち=千葉県富里市で2022年11月2日午後1時49分、中村宰和撮影
社会科の授業でスイカの話を聞く日吉台小学校の子どもたち=千葉県富里市で2022年11月2日午後1時49分、中村宰和撮影

 スイカの産地・千葉県富里市で秋に収穫される「抑制スイカ」を新たな名称で売り出そうと、JA富里市が市内の小学4年生にネーミングを依頼し、児童らが知恵を絞っている。11月いっぱい名前を募り、年明けまでに決める予定だ。

 通常のスイカの多くが5~7月に収穫されるのに対し、抑制スイカは栽培時期をずらして8月下旬から10月に収穫される。やや小ぶりで甘さを抑えたすっきりした食感が特徴だ。だが名前が難しく、広…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文498文字)

あわせて読みたい

ニュース特集