過疎の村から全国V・五輪…休部へ 名門クロカン部を襲う時代の波

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
全国唯一の全日制村立高校である北海道おといねっぷ美術工芸高校=北海道音威子府村で2022年10月11日、山本直撮影
全国唯一の全日制村立高校である北海道おといねっぷ美術工芸高校=北海道音威子府村で2022年10月11日、山本直撮影

 全国高校スキー大会の学校対抗で何度も優勝し、五輪選手も輩出している北海道おといねっぷ美術工芸高校=音威子府(おといねっぷ)村=のクロスカントリースキー部が2023年春の入部希望者の受け入れを停止、同年度を最後に休部することになった。人口670人の過疎の村にとって、全国的に活躍するクロカン部は自慢の存在。休部の背景には、同校、そして競技を取り巻く厳しい環境がある。

この記事は有料記事です。

残り1629文字(全文1812文字)

あわせて読みたい

ニュース特集