パワハラ放置で失職の前村長、再選出馬断念「体調不良と家族の反対」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
古越邦男村長=砂押健太撮影
古越邦男村長=砂押健太撮影

 職員のパワハラを長年放置したとして、富山県舟橋村議会から2度の不信任決議を受けて失職した前村長の古越邦男氏(69)が4日、村長選(27日投開票)への立候補を断念したと取材に明らかにした。「体調不良や家族の反対が理由」としている。

 古越氏は、村議会から2度の不信任決議を受け、地方自治法の規定により失…

この記事は有料記事です。

残り103文字(全文253文字)

あわせて読みたい

ニュース特集