特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

寒冷地でコロナ感染者が増加 専門家、「第8波」に警戒呼びかけ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国立感染症研究所で分離に成功した新型コロナウイルスのオミクロン株の電子顕微鏡写真=国立感染症研究所提供
国立感染症研究所で分離に成功した新型コロナウイルスのオミクロン株の電子顕微鏡写真=国立感染症研究所提供

 新型コロナウイルスの新規感染者数が、北海道や東北地方など寒冷地を中心に増加している。北海道では既に今夏の感染「第7波」に近づいている。識者は寒さのため室内の換気が不足しがちなことを要因に指摘する。この冬、全国的にインフルエンザとの同時流行が懸念され、政府は早めのワクチン接種を呼びかけている。

 4日に国が公表したデータによると、直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数は全ての都道府県で前週より増加した。人口10万人当たりで多いのは、北海道、山形県、長野県の順で、上位を寒冷地が占めた。

 北海道の2日の新規感染者数は7895人で、第7波のピークだった8632人に近づいている。また、東京都の新規感染者数の7日間平均は同日時点で約4305人で、前週の1・3倍に増えた。専門家は感染状況を分析する都モニタリング会議で「今後の急激な増加に注意を払う必要がある」と報告した。

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文840文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集