特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

東芝、8強一番乗り 鷺宮製作所にサヨナラ勝ち 日本選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【鷺宮製作所-東芝】九回裏東芝、サヨナラ勝ちに喜ぶ東芝の選手たち=京セラドーム大阪で2022年11月4日、中川祐一撮影
【鷺宮製作所-東芝】九回裏東芝、サヨナラ勝ちに喜ぶ東芝の選手たち=京セラドーム大阪で2022年11月4日、中川祐一撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催、大阪市共催)は第6日の4日、京セラドーム大阪で2回戦が行われ、東芝が鷺宮製作所に1―0で九回サヨナラ勝ちし、2大会連続で8強に進出した。7日の準々決勝でパナソニックとトヨタ自動車の勝者と対戦する。

 東芝が相手打線を零封してサヨナラ勝ち。九回1死満塁から途中出場の大庭が右前適時打で決めた。先発の藤村は緩急巧みにかわして、八回1死二塁で救援を仰ぐと、2番手の吉村は九回までしのいで勝利投手となった。鷺宮製作所は先発の野口が7回被安打1と好投も、1日の1回戦で8回を投げた2番手・小孫が力尽きた。

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文951文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集