特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

「好機での一本」トヨタ自動車、弱点克服の先制劇 日本選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【トヨタ自動車-パナソニック】四回表トヨタ自動車2死一、三塁、佐藤が左前適時打を放つ(捕手・久保田)=京セラドーム大阪で2022年11月4日、中川祐一撮影
【トヨタ自動車-パナソニック】四回表トヨタ自動車2死一、三塁、佐藤が左前適時打を放つ(捕手・久保田)=京セラドーム大阪で2022年11月4日、中川祐一撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会は第6日の4日、京セラドーム大阪で2回戦が行われ、トヨタ自動車がパナソニックを2―0で降し、優勝した第43回大会以来、4大会ぶりに準々決勝に進んだ。

「好機での一本」

 言うまでもなく、野球は点取りゲーム。どれだけ好機を作っても、ホームを踏めなければ勝てない。トヨタ自動車は全国屈指の投手陣をそろえる一方で、得点力不足が課題だった。序盤に見せた先制劇は、チームの弱点を解消する光明を見いだす攻撃だった。

 両チーム無得点で迎えた四回表。1死から4番の逢沢崚介が二塁打で出塁すると、2死一、二塁と好機を広げて7番・八木健太郎の右前打で待望の先取点を奪う。なお一、三塁で8番・佐藤勇基も左前適時打で続き、2点目を加えた。

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文705文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集