横浜F・マリノス3年ぶりVか、川崎フロンターレ3連覇か 決着へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
川崎の谷口彰悟(左)と横浜マの水沼宏太
川崎の谷口彰悟(左)と横浜マの水沼宏太

 逃げ切りか、それとも大逆転か――。

 ともに5度目の頂点を狙う2チームによるサッカー・J1の優勝争いは、5日の最終節にもつれ込んだ。首位の横浜F・マリノスは3年ぶりの王座奪還へ、アウェーでのヴィッセル神戸戦に臨む。勝ち点2差で追う2位の川崎フロンターレは、史上2クラブ目の3連覇を懸けて敵地でFC東京と対戦する。

 前節を終え、横浜マは勝ち点65で得失点差は33、川崎は勝ち点63で得失点差は22。横浜マは勝てば無条件で優勝が決まり、引き分けて仮に勝ち点で川崎に並ばれても得失点差を考えれば優勝が濃厚だ。川崎が逆転優勝するには、勝って、横浜マが敗れるケースしか事実上残されていない。

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文730文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集