特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

2試合連続サヨナラ幕切れ ドラフト上位対決も 日本選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【鷺宮製作所-東芝】九回裏東芝、サヨナラ勝ちに喜ぶ東芝の選手たち=京セラドーム大阪で2022年11月4日、中川祐一撮影
【鷺宮製作所-東芝】九回裏東芝、サヨナラ勝ちに喜ぶ東芝の選手たち=京セラドーム大阪で2022年11月4日、中川祐一撮影

 第47回社会人野球日本選手権は第6日の4日、京セラドーム大阪で1回戦1試合と2回戦2試合があり、東芝とトヨタ自動車が8強に名乗りを上げた。中盤を迎えた大会の熱戦をリポートする。

「あんまうれしくない」スラッガーが苦笑い

 第1試合は1回戦最後の試合。Honda熊本がSUBARUに3―2で今大会初のサヨナラ勝ちした。幕切れは暴投による三塁走者の生還だったが、次打者で控えていたHonda熊本の古寺宏輝選手は、「あんま、うれしくなかったです」と苦笑いした。

 この試合の注目は、都市対抗野球大会で連続最多奪三振7の記録を持つSUBARUのエース左腕・阿部博光投手と今夏の都市対抗で3本塁打を放った4番・古寺選手の対決だった。

この記事は有料記事です。

残り1388文字(全文1697文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集