特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

150キロ超連発 トヨタ新人の松本、1安打完封 日本選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【トヨタ自動車-パナソニック】力投するトヨタ自動車の先発・松本=京セラドーム大阪で2022年11月4日、滝川大貴撮影
【トヨタ自動車-パナソニック】力投するトヨタ自動車の先発・松本=京セラドーム大阪で2022年11月4日、滝川大貴撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会は第6日の4日、京セラドーム大阪で2回戦が行われ、トヨタ自動車はパナソニックに2―0で勝利した。主役は、圧巻の投球で完封した新人右腕だった。

「真っすぐで押せる」

 赤いユニホームに身を包んだルーキーが、マウンドで躍動した。許したヒットは、ボテボテの一塁内野安打1本のみ。トヨタ自動車の新人右腕・松本健吾が、三塁を踏ませない完璧な投球を見せた。

 「打てるものなら打ってみろ」。そう言わんばかりに、150キロ超えの直球を連発して押し込む。課題の立ち上がりは「余計なことは考えず、テンポ良く投げる」ことに集中した。2番打者に四球を与えたが、気にしない。初めて立った京セラドーム大阪のマウンドに相性の良さを感じ、「真っすぐで押せる」と手応えの方が強かった。

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文865文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集