マスク氏の大規模解雇でツイッター混乱 社員提訴 広告主も撤退

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ツイッターのイーロン・マスクCEO=ロイター
ツイッターのイーロン・マスクCEO=ロイター

 米電気自動車大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が、買収した短文投稿サイト「ツイッター」の大規模なリストラに踏み切った。米メディアによると、全従業員の半数に当たる約3700人が4日までに突然解雇された。日本法人の社員も対象になった模様だ。ツイッター上には、リストラされた社員によるとみられる悲鳴のような投稿が相次いだ。

 一方、リストラによる投稿管理部門の弱体化で虚偽投稿やヘイトスピーチ(憎悪表現)など問題投稿が放置される事態を懸念し、大企業が次々と広告出稿を取りやめる事態にもなっている。

この記事は有料記事です。

残り861文字(全文1115文字)

あわせて読みたい

スポニチのアクセスランキング

現在
昨日
1カ月

ニュース特集