農地の荒廃をAIで確認 負担軽減、作業効率化へ 千葉市

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
衛星データを活用して農地の状況を確認できるシステムの画面。AIによる判定に基づき、稼働している農地は緑、遊休農地は黄、荒廃農地は赤で表示される=サグリ提供
衛星データを活用して農地の状況を確認できるシステムの画面。AIによる判定に基づき、稼働している農地は緑、遊休農地は黄、荒廃農地は赤で表示される=サグリ提供

 千葉市は、人工知能(AI)を活用した農地の荒廃状況の確認作業に乗り出す。従来は職員らが現地に足を運び、目視で確認していたが、衛星データをAIに解析させることで、負担軽減を図る。

 市によると、農地を放置すれば、害虫の発生などを招くため、農地法で年に1度の調査が義務づけられている。市内に約4200ヘクタールある農地を職員らが毎年巡回し、(1)稼働している農地(2)再生可能な遊休農地(3)再生困難な荒廃農地――に分類するが、「多大な労力を要して…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文556文字)

あわせて読みたい

ニュース特集