体操世界選手権 橋本大輝が初優勝、谷川航も銅メダル 個人決勝

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
体操・橋本大輝選手
体操・橋本大輝選手

 体操の世界選手権第7日は4日、英国のリバプールで男子個人総合決勝が行われ、昨夏の東京オリンピックを制した21歳の橋本大輝(順大)が6種目合計87・198点で初優勝した。日本勢の同種目金メダルは内村航平が6連覇を達成した2015年大会以来、7年ぶり5人目で、五輪との両大会制覇は内村さんに続く2人目の快挙となった。

 予選1位の26歳、谷川航(セントラルスポーツ)が85・231点で初のメダル獲得となる3位に入り、日本は14年大会以来のダブル表彰台。2連覇を狙った張博恒(中国)は、橋本に0・433点差の2位だった。

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文460文字)

あわせて読みたい

ニュース特集