特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

中日ドラ7の日本新薬・福永 最後は悔しい空振り三振 日本選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【ENEOS-日本新薬】四回裏日本新薬1死、福永が中前打を放つ(捕手・柏木)=京セラドーム大阪で2022年11月5日、滝川大貴撮影
【ENEOS-日本新薬】四回裏日本新薬1死、福永が中前打を放つ(捕手・柏木)=京セラドーム大阪で2022年11月5日、滝川大貴撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会は第7日の5日、京セラドーム大阪で2回戦が行われ、日本新薬が今夏の都市対抗野球大会で優勝したENEOSに2―8で敗れた。中日7位指名の福永裕基は、最後のバッターで終わった。

日本ハム・上川畑から祝福

 相手投手の好投に苦しむ中で、気を吐いた。四回、1死から2球目の直球を捉え中前にはじき飛ばし、チーム初の安打を記録した。

 ENEOS戦には特別な思いがあった。今春の東京スポニチ大会で対戦し、チームは逆転負けしたが、自身は2本塁打3打点。注目を集め、プロ入りへの道を切り開いた。

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文828文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集