特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

「3冠王と比較されるのは…」ENEOS・村上が4打点 日本選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【ENEOS-日本新薬】一回表ENEOS2死満塁、村上が3点三塁打を放つ=京セラドーム大阪で2022年11月5日、中川祐一撮影
【ENEOS-日本新薬】一回表ENEOS2死満塁、村上が3点三塁打を放つ=京セラドーム大阪で2022年11月5日、中川祐一撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会は第7日の5日、京セラドーム大阪で2回戦が行われ、今夏の都市対抗野球大会で優勝したENEOSが日本新薬を8―2で降して準々決勝に進んだ。ENEOSの「村神様」がバットで活躍した。

1回戦に布石

 誰もがうれしい先発出場。結果が伴えばなおさらだ。1回戦から入れ替わって唯一、両チームの野手で先発メンバーに昇格を果たしたのがENEOSの村上貴哉。「8、9番の打順が多かったので6番でびっくりした」と語るが、監督の起用を意気に感じていた。

 一回2死満塁で巡ってきたいきなりの好機。日本新薬の先発右腕・西川大地に対して狙い球は絞れていた。「スライダーに泳がされて打たされることが多いので、曲がり球をイメージしていた」。甘く入ってきた変化球をバットの芯で確実に仕留めると、左中間を割る適時三塁打。五回には申告敬遠を味わうと、七回は中犠飛。チームの8得点中、4点をたたき出した。

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文945文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集