特集

高校野球秋季大会2022

2022年の秋季高校野球トップページです。全国10地区で、新チームによる「秋の王者」が決まります。

特集一覧

光が山口対決制し決勝進出 広陵と対戦へ 秋季高校野球・中国大会

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
秋季高校野球中国大会準決勝 鳥取城北-広陵のスコアボード=広島県のぶんちゃんしまなみ球場で2022年11月5日午後1時40分、生野貴紀撮影 拡大
秋季高校野球中国大会準決勝 鳥取城北-広陵のスコアボード=広島県のぶんちゃんしまなみ球場で2022年11月5日午後1時40分、生野貴紀撮影

 高校野球の秋季中国大会は5日、広島・ぶんちゃんしまなみ球場で準決勝2試合があり、広陵(広島1位)は8―6で鳥取城北(鳥取1位)を逆転で降した。光(山口3位)は2―1で高川学園(山口1位)に競り勝った。決勝は6日午前11時から同球場で開かれる。

 秋季大会は来春の選抜大会の出場校を選考する際の資料となる。一般選考枠は中国・四国で計6校で、中国2校、四国3校を選考し、残り1校は両地区を比較して選ぶ。

広陵・中井哲之監督

 あれだけエラーされても(先発の)倉重聡がよく投げてくれた。(八回同点適時打の)真鍋慧にはタイムを取って「お前で打てなくても悔いはない」と言った。よく打ってくれた。

光・宮秋孝史監督

 (先発の)升田早人がよく粘り強く投げてくれたことが勝ちにつながった。バックもよく守った。(勝ち越した)八回は奥村拓真がよくつないで、藤井啓輔が少ない好機を得点に結びつけてくれた。

【高校野球秋季大会2022】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集