特集

WBC2023

第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が2023年3月に開幕。

特集一覧

豪華3発で開幕の侍ジャパン 「地味」な先制点にこそ詰まった理想形

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【侍ジャパン-日本ハム】一回裏侍ジャパン無死一塁、 打者・ 近藤健介の時、近本光司(右)が二盗成功(二塁手・石井一成)=東京ドームで2022年11月5日、前田梨里子撮影
【侍ジャパン-日本ハム】一回裏侍ジャパン無死一塁、 打者・ 近藤健介の時、近本光司(右)が二盗成功(二塁手・石井一成)=東京ドームで2022年11月5日、前田梨里子撮影

 野球の日本代表「侍ジャパン」は5日、東京ドームで日本ハムとの強化試合を行い、5―4で勝利した。

 牧秀悟(DeNA)に森友哉(西武)、極めつきは村上宗隆(ヤクルト)。日本を率いる栗山英樹監督の初陣は、侍ジャパンの未来を担う強打者のアーチ競演で幕を開けた。一見するとド派手で豪華だが、「地味」に踏み出した最初の一歩にこそ、監督の理想が詰まっていた。

 一回、先頭の近本光司(阪神)が右前打を放つと、続く近藤健介(日本ハム)への初球に、すかさずスタートを切った。盗塁に相手の悪送球も重なり一気に三塁へ。近藤は左犠飛を放ち、あっという間に先制した。近本は「自分のやることを100%に近い形でできた。足を絡め点を取れたことがよかった」と語った。

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文751文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集