J創設時の「オリジナル10」の清水、J2降格 選手とクラブに溝

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
写真はイメージ=ゲッティ
写真はイメージ=ゲッティ

○北海道コンサドーレ札幌4―3清水エスパルス●(5日・札幌ドーム)

 今季を象徴するような敗戦で望みは断たれた。リーグ創設時から戦う「オリジナル10」の清水は残留への最低条件だった白星すらつかめず、2度目のJ2転落。主将のGK権田修一は4失点に「悔しさと申し訳なさの二つしか思い浮かばない。チームが最後までまとまらなかった」と唇をかんだ。

 今季ずっと課題としてきたのが終盤の失点。この日も2度リードしながら、後半40分以降に2点を失った。足が止まって前線から追えず、簡単に守備網を破られる場面は最後まで減らなかった。

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文517文字)

あわせて読みたい

ニュース特集