国際観艦式、20年ぶりに開催 海自創設70周年 ロシア招待せず

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米海軍の原子力空母ロナルド・レーガンに乗艦し、関係者の説明を聞く岸田首相(右)=相模湾で2022年11月6日午後2時37分(代表撮影)
米海軍の原子力空母ロナルド・レーガンに乗艦し、関係者の説明を聞く岸田首相(右)=相模湾で2022年11月6日午後2時37分(代表撮影)

 海上自衛隊や海外12カ国の艦艇などによる「国際観艦式」が6日、相模湾で行われた。岸田文雄首相が出席し、北朝鮮の核・ミサイル開発は「断じて容認できない」と訓示。日本での国際観艦式は20年ぶり2回目で、自衛隊機へのレーダー照射問題で関係が冷え込む韓国も補給艦「ソヤン」を参加させた。

 海外からは米国、韓国、オーストラリア、インドをはじめとした18隻などが参加。首相は海自最大の護衛艦「いずも」に乗り、各国艦艇が隊列を組んで航行する様子…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文540文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集