ピアノが聴けるカレンダー ベートーベンなどの名曲、当時の音色で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
希少なピアノの音色が聴けるカレンダーを作製した岩田光義さん=三重県菰野町の菰野ピアノ歴史館で2022年10月31日、松本宣良撮影
希少なピアノの音色が聴けるカレンダーを作製した岩田光義さん=三重県菰野町の菰野ピアノ歴史館で2022年10月31日、松本宣良撮影

 年代物のピアノを中心に展示する「菰野ピアノ歴史館」(三重県菰野町菰野)は、ベートーベンやショパンが活躍した頃のピアノの音色が聴けるカレンダーを作製し、販売している。

 約1年前にオープンした同館には、古典・ロマン派時代から近代まで、ピアノ調律師の岩田光義さん(80)が長年かけて収集した約30台が並ぶ。古いピアノは修復技術で当時の音が再現され、弾くこともできる。

 カレンダー作りは、昔の音色を実際に味わってもらおうと初めて企画した。ベートーベンやショパンが愛用したものと同型のピアノや、ロマン派時代の貴重なピアノなど、同館が所蔵する4台をカレンダーに3カ月単位で掲載。各月の日付欄の上部にQRコードを付け、それをスマホで読み取ると4台の演奏動画をユーチューブで視聴できる。

この記事は有料記事です。

残り152文字(全文488文字)

あわせて読みたい

ニュース特集