キムタク出演「信長まつり」 雑踏50万人超? 事故防止へ厳戒態勢

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「ぎふ信長まつり」の観覧エリアで応援グッズを持って信長公騎馬武者行列の開始を待つ当選者=岐阜市で2022年11月6日午前11時4分、兵藤公治撮影
「ぎふ信長まつり」の観覧エリアで応援グッズを持って信長公騎馬武者行列の開始を待つ当選者=岐阜市で2022年11月6日午前11時4分、兵藤公治撮影

 俳優の木村拓哉さんが織田信長役で出演する「ぎふ信長まつり」の騎馬武者行列が6日、岐阜市中心部を南北に貫く金華橋通りで開催される。過去の行列で最も多くの人が詰めかけたのは、伊藤英明さんが信長を演じた2009年の50万人。今回はこれを超える可能性が高いとみられる。県警は韓国ソウルの雑踏事故を踏まえ、岐阜市と協力して厳戒態勢で警備に当たる。

 観覧客が一斉に動く帰宅時が最も危険とみて、JR岐阜駅に人が殺到しないように誘導する。一定時間、行列がある北口を出口専用とし、乗車する客の入場を南口に限定することで、人の流れを単一方向にする。これにより、ソウルの梨泰院(イテウォン)地区で起きた転倒事故の原因とされる、狭い通路に逆向きに進む大勢の人が殺到する現象を未然に防ぐ構えだ。

この記事は有料記事です。

残り190文字(全文525文字)

あわせて読みたい

ニュース特集