特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

ルーキー支える王子のベテラン捕手・細川、意地の一打 日本選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【NTT東日本-王子】五回裏王子1死一、三塁、細川が中前適時打を放つ(捕手・佐久本)=京セラドーム大阪で2022年11月6日、中川祐一撮影
【NTT東日本-王子】五回裏王子1死一、三塁、細川が中前適時打を放つ(捕手・佐久本)=京セラドーム大阪で2022年11月6日、中川祐一撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会は第8日の6日、京セラドーム大阪で2回戦が行われ、王子はNTT東日本に2―4で惜敗。敗れはしたものの、新人右腕を巧みにリードしてきた7年目のベテラン捕手が、バットでも反撃の一打を放った。

1回戦では本塁打

 3点を追う五回、1死一、三塁の好機で、王子の8番・細川勝平捕手が右打席に入った。追い込まれて直球をファウルにした直後だったが、「データで(投げる割合が)多かった」と、狙っていた6球目の低めに落ちる変化球にしっかり対応して中前適時打を放ち、反撃の口火を…

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文756文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集