盛岡商が11大会ぶり優勝 花巻東に2-1 高校サッカー岩手大会

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
全国高校サッカー選手権岩手県大会で11大会ぶりの優勝を喜ぶ盛岡商の選手たち=いわぎんスタジアムで2022年11月6日、山本晋撮影
全国高校サッカー選手権岩手県大会で11大会ぶりの優勝を喜ぶ盛岡商の選手たち=いわぎんスタジアムで2022年11月6日、山本晋撮影

 サッカーの第101回全国高校選手権岩手県大会決勝が6日、盛岡市のいわぎんスタジアムで行われ、盛岡商が花巻東を2―1で降して11大会ぶりに優勝した。16大会前には岩手県勢初の日本一に輝いた強豪が復活し、17回目の全国大会に臨む。

 盛岡商は前半、クロスボールからFW原田優汰(2年)のヘディングシュートで先制。後半にも原田がゴール前の密集でボールを押し込んで追加点を挙げた。花巻東…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文473文字)

あわせて読みたい

ニュース特集