東京六大学野球、首位打者賞に慶大・萩尾 戦後16人目の3冠

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東京六大学野球秋季リーグで首位打者賞を獲得し、毎日新聞社からブロンズ像が贈られた慶大の萩尾匡也外野手=神宮球場で2022年11月6日、浅妻博之撮影
東京六大学野球秋季リーグで首位打者賞を獲得し、毎日新聞社からブロンズ像が贈られた慶大の萩尾匡也外野手=神宮球場で2022年11月6日、浅妻博之撮影

 東京六大学野球は6日、神宮球場で最終週2回戦1試合があり、早大が慶大を9―6で降して勝ち点を獲得したため、明大の2季連続42回目の優勝が決まった。首位打者賞は慶大の萩尾匡也(まさや)外野手(4年・文徳)が打率4割(55打数22安打)で獲得し、毎日新聞社からブロンズ像が贈られた。リーグトップの17打点、同タイ4本塁打で、2021年秋の今井脩斗(早大)以来、戦後16人目の「3冠」に輝いた。

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文754文字)

あわせて読みたい

ニュース特集