特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

福留さんら元プロから刺激 大和高田・9番打者の一発 日本選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【大和高田クラブ-日本通運】三回表大和高田クラブ1死、西浦が左越え本塁打を放つ(捕手・木南)=京セラドーム大阪で2022年11月6日、中川祐一撮影
【大和高田クラブ-日本通運】三回表大和高田クラブ1死、西浦が左越え本塁打を放つ(捕手・木南)=京セラドーム大阪で2022年11月6日、中川祐一撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会は第8日の6日、京セラドーム大阪で2回戦が行われ、今夏の全日本クラブ選手権を制して推薦出場の大和高田クラブは日本通運に1―6で敗れた。元プロ野球選手から刺激を受けた9番打者・西浦太智が、チームを勢いづける一発を放った。

トンカチを振るイメージ

 鋭い打球が左翼スタンド最前列に飛び込んだが、二塁を回るまで、全力でダイヤモンドを駆けた。「自分が一番驚いた」。内野守備が持ち味の9番打者が放った一撃には、元プロ野球選手2人の教えが詰まっている。

 初回に3失点し、重い展開になりかけた三回。高めに抜けた失投を鋭く振り抜いてソロ本塁打とした。「感触は良かったけれど、入るとは。ガッツポーズをしたかった」と冗談交じりに悔やんだが、球場の雰囲気は一変した。試合中盤は毎回のように得点圏に走者を進め、強豪を苦しめた。

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文736文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集