村上宗隆、侍ジャパン4番の誇り 2打席連続弾「イメージ通り」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日本代表-巨人】九回表日本代表2死、村上宗隆が左中間本塁打を放つ=東京ドームで2022年11月6日、猪飼健史撮影
【日本代表-巨人】九回表日本代表2死、村上宗隆が左中間本塁打を放つ=東京ドームで2022年11月6日、猪飼健史撮影

 野球の日本代表「侍ジャパン」は6日、東京ドームで巨人との強化試合を行い、8―4で逆転勝ちして2連勝とした。

 逆境を打破するには、何が必要か。栗山英樹監督が率いる新生・侍ジャパンの主役が、豪快な打棒で示した。

 2点を追う八回1死一塁で打席に立ったのは4番・村上宗隆(ヤクルト)だ。初球、低めの速球を強振すると、打った瞬間に本塁打を確信する特大アーチを右中間席にかけた。

 主砲が打てば打線は活気づくもの。続く山田哲人(ヤクルト)の勝ち越しソロなどで鮮やかに試合をひっくり返す。村上は九回も左中間席へ2打席連発のソロ本塁打。2試合3本塁打の大暴れに「イメージ通りの打撃ができた」とうなずいた。

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文653文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集