特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

日本選手権にめっぽう強い 三菱重工East・小柳が決勝本塁打

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【Honda熊本-三菱重工East】八回裏三菱重工East2死一塁、小柳が左越え2点本塁打を放つ=京セラドーム大阪で2022年11月6日、滝川大貴撮影
【Honda熊本-三菱重工East】八回裏三菱重工East2死一塁、小柳が左越え2点本塁打を放つ=京セラドーム大阪で2022年11月6日、滝川大貴撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会は第8日の6日、京セラドーム大阪で2回戦が行われ、前回準優勝の三菱重工EastがHonda熊本を3―1で降し、3大会連続で準々決勝に進んだ。三菱重工Eastの4番が、先制打に決勝本塁打と勝負強さを発揮した。

昨年は首位打者

 4番としてのこだわりは「打点です。(打)率よりも」。日本選手権にめっぽう強い強打者が、先制打に決勝本塁打とチームをもり立てた。

 まずは一回、2死二塁の場面。右打席に入った三菱重工Eastの小柳卓也が、フルカウントから直球を中前にはじき返すと、先制適時打となった。

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文782文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集