特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

Honda熊本の伝家の宝刀 高卒4年目・丸山が成功 日本選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【Honda熊本-三菱重工East】四回表Honda熊本1死一、三塁、丸山がスクイズを決める=京セラドーム大阪で2022年11月6日、中川祐一撮影
【Honda熊本-三菱重工East】四回表Honda熊本1死一、三塁、丸山がスクイズを決める=京セラドーム大阪で2022年11月6日、中川祐一撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会は第8日の6日、2回戦でHonda熊本は三菱重工Eastに1―3で惜敗。敗れはしたが、チームの伝家の宝刀であるバントを高卒4年目の捕手が確実に決めた。

U23代表にも選ばれ

 正捕手に向けて一歩ずつ階段を上ろうとしている。プロ野球のドラフト会議で今年も指名漏れとなったHonda熊本の捕手・丸山竜治。好機で堅実な仕事ぶりだ。

 四回1死一、三塁の場面。三菱重工Eastの先発・大野亨輔の初球にすかさずバットを横に構え、投手の前にボールを転がしてセーフティースクイズを決めた。「準備してしっかりコースを狙った」と丸山。大きな大会前にはチーム全員がバントを1球で成功するまでは何時間でも練習に取り組むなど、強いこだわりがあるHonda熊本の武器。鍛錬のたまものだった。

 「相当な悔しさがある」と…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文771文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集