特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

「マジでありがたかった」日本通運、電光石火の先制劇 日本選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【大和高田クラブ-日本通運】一回裏日本通運無死三塁、大谷が右前適時打を放つ=京セラドーム大阪で2022年11月6日、中川祐一撮影
【大和高田クラブ-日本通運】一回裏日本通運無死三塁、大谷が右前適時打を放つ=京セラドーム大阪で2022年11月6日、中川祐一撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会は第8日の6日、京セラドーム大阪で2回戦が行われ、日本通運が大和高田クラブを6―1で降し、第45回大会(2019年)以来、2大会ぶりに8強に進出した。

テーマは「アタック」

 スコアボードの左端に刻まれた得点が命運を分けた。日本通運は電光石火の先制劇で8強入りへの扉をこじ開けた。

 一回、1番・添田真海は2ボール1ストライクからの4球目を強振した。「甘い球を見逃さないように積極的に振っていこう」。大和高田クラブの先発・松林勇志がカウントを整えようと投じた浮いた直球を見逃さない。打球が右中間を抜けると、迷うことなく二塁を蹴り、無死三塁の絶好の先制機を演出した。

この記事は有料記事です。

残り665文字(全文961文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集