男子・梶原が初優勝 女子・里見が連覇 世界パラバドミントン

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
男子シングルス(車いすWH2)で優勝し、ガッツポーズを見せる梶原大暉=国立代々木競技場で2022年11月6日午後0時53分、滝沢一誠撮影
男子シングルス(車いすWH2)で優勝し、ガッツポーズを見せる梶原大暉=国立代々木競技場で2022年11月6日午後0時53分、滝沢一誠撮影

 パラバドミントンの世界選手権最終日は6日、東京・国立代々木競技場で各種目の決勝が行われ、男子シングルス(車いすWH2)は東京パラリンピック金メダルの梶原大暉(日体大)が韓国選手に2―0で快勝し、初優勝を果たした。

 女子シングルス(車いすWH1)は東京大会を制した里見紗李奈(NTT都市開発)がスイス…

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文344文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集