特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

「やってはいけない」ミスばかり 勝敗分けた要因は 日本選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【NTT東日本-王子】五回表NTT東日本2死三塁、適時三塁打を放ち塁上でグータッチする内山=京セラドーム大阪で2022年11月6日、滝川大貴撮影
【NTT東日本-王子】五回表NTT東日本2死三塁、適時三塁打を放ち塁上でグータッチする内山=京セラドーム大阪で2022年11月6日、滝川大貴撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会は第8日の6日、京セラドーム大阪で2回戦3試合が行われ、ベスト8が出そろった。大会第8日の熱戦を、勝敗を分けた要因に注目してリポートする。

勝敗分けた守備力

 第1試合は、都市対抗野球大会優勝経験チーム同士の激突だったが、NTT東日本が王子に4―2で競り勝った。勝敗を分けた要因の一つは守備力の差だ。

 四回にNTT東日本が2点を先行したが、きっかけは1死から出た下川知弥選手の中越え三塁打。打球はフェンス近くに到達し、中堅を守る王子の亀山一平選手が飛びついたが、グラブに当たったボールは無情にも落ちた。

この記事は有料記事です。

残り1072文字(全文1338文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集