日大、2年ぶり31度目優勝 日体大の連覇阻む 全国学生相撲

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
全国学生相撲選手権の団体戦で、日大の花岡真生(右)が日体大のブフチョローンを上手投げで破る=東京・両国国技館で2022年11月6日、三浦研吾撮影
全国学生相撲選手権の団体戦で、日大の花岡真生(右)が日体大のブフチョローンを上手投げで破る=東京・両国国技館で2022年11月6日、三浦研吾撮影

 相撲の第100回全国学生選手権(毎日新聞社など主催)最終日は6日、東京・両国国技館で団体戦が行われ、決勝で日大が2連覇を狙った日体大を3―2で降し、2年ぶり31度目の優勝を果たした。3位は東洋大と近大。

 決勝で日大は、1―1からの中堅戦を川渕一意(3年)が勝ってリードし、続く副将戦も花岡真生(2年…

この記事は有料記事です。

残り91文字(全文241文字)

あわせて読みたい

ニュース特集