文鮮明氏「安倍派中心に」(その1) 89年発言録で判明 旧統一教会が政界工作

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
教祖の文鮮明氏=ユーチューブの世界平和統一家庭連合(旧統一教会)公式チャンネルから
教祖の文鮮明氏=ユーチューブの世界平和統一家庭連合(旧統一教会)公式チャンネルから

 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)創始者の文鮮明(ムンソンミョン)氏が1989年に韓国で行った説教で、自民党の安倍晋太郎元外相が当時会長を務めていた保守系派閥「安倍派」(清和会)を中心に国会議員との関係強化を図るよう信者に語っていた。約53年分にわたり韓国語で記された文氏の発言録615巻の中から毎日新聞が当該部分の記述を翻訳・確認し、判明した。【田中裕之、ソウル坂口裕彦、渋江千春】

 晋太郎氏の息子で、今年7月の銃撃事件で凶弾に倒れた安倍晋三元首相がいつ、どのように教団と深い関わりを持ったかについてはなお謎が多い。晋太郎氏の義父・岸信介元首相と文氏との間で築かれた関係が源流にあるとされるが、その後を継いだ晋太郎氏を足掛かりにした教団の政界工作が、教祖の肝いりで模索されていた可能性が浮かんだ。

この記事は有料記事です。

残り894文字(全文1244文字)

あわせて読みたい

ニュース特集