特集

安全保障

日本周辺の安全保障環境が厳しさを増しています。政治や経済、外交など、日本の針路を考えます。

特集一覧

「2%」巡る攻防、安倍氏失った防衛省に焦り 「財務省の陰謀だ」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
安倍晋三元首相の遺骨を乗せた車が到着した防衛省=東京都新宿区で2022年9月27日午後1時47分(代表撮影ヘリから)
安倍晋三元首相の遺骨を乗せた車が到着した防衛省=東京都新宿区で2022年9月27日午後1時47分(代表撮影ヘリから)

 防衛省が、防衛費の大幅な増額を勝ち取ろうと財務省との攻防に挑んでいる。岸田文雄首相が「防衛費の相当な増額」を表明した経緯もあり、防衛省は強気の姿勢を崩していないが、旗色は必ずしも芳しくない。「最強官庁」とも呼ばれる財務省に勝てるのか――。

 「NATO(北大西洋条約機構)並みに2%という目標を示すべきだ。この方向で検討してもらいたい」

 4月14日、自民党安倍派が党本部で開いた総会。同派会長の安倍晋三元首相は、国防予算を国内総生産(GDP)比2%以上とするNATOの目標を引き合いに出し、日本の防衛費の大幅増を求めた。

 GDP比2%以上を目標とするNATOの「国防予算」の定義(NATO基準)は、NATO加盟各国の国防省予算よりも範囲が広い。沿岸警備隊など他省庁の経費も含まれる。

 日本政府もNATO基準を参考に「安全保障関連経費」を試算・公表している。海上保安庁予算、旧軍人遺族等恩給費、在日米軍駐留関連経費などを含めた金額だ。2021年度予算(補正予算を含む)の防衛費はGDP比1・09%、安保関連経費は同1・24%だった。

 安倍氏はこの日の総会で「NATO基準にすると、海上保安庁の予算が入る。しかし、1・24%にとどまっている。今まで予算制約の中で何とか帳尻を合わせてきたのが現実だ。不足しているものはたくさんある」と熱弁を振るった。

 政府は現在、安全保障関連3文書の改定に向け、検討を進めている。3文書は、外交・防衛政策の基本方針「国家安全保障戦略」▽防衛力のあり方を規定した「防衛計画の大綱」(防衛大綱)▽5年間の経費の総額を明示する「中期防衛力整備計画」(中期防)。いずれも12月に改定する予定だ。

 防衛省としては、国防費が日本の防衛費の約6倍にも上る中国の台頭や、北朝鮮のミサイル発射など、厳しさを増す安保環境に対応する態勢強化が急務。敵の射程圏外から相手を攻撃できる「スタンドオフ防衛能力」の強化などに向け、次期中期防でいかに多くの金額を確保できるかが勝負どころだ。

 防衛力強化の旗振り役だった安倍氏は、防衛省にとって…

この記事は有料記事です。

残り1019文字(全文1888文字)

【安全保障】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集