なりすましアカウントは永久凍結 ツイッター、マスク氏表明

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米サンフランシスコにあるツイッターのオフィス=1日、AP共同
米サンフランシスコにあるツイッターのオフィス=1日、AP共同

 米ツイッターのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は6日、他人になりすましたアカウントは永久に凍結する方針を明らかにした。著名人や企業に付与していたアカウントの認証マークを有料で一般利用者にも拡大すると発表し、なりすましの増加が懸念されていた。マスク氏はこれまでアカウント凍結は極力避けるべきだとの考えを示しており、方針の整合性が問われそうだ。

 一方、米ブルームバーグ通信は6日、ツイッターが大量解雇した従業員の一部に会社への復帰を要請していると報じた。誤って解雇通知を出したためなどとしている。マスク氏の改革による社内の混乱ぶりが浮き彫りとなった。

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文554文字)

あわせて読みたい

ニュース特集