特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ロシア軍司令官解任か 英国防省分析

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ロシアとウクライナの国旗=ゲッティ
ロシアとウクライナの国旗=ゲッティ

 英国防省は6日、ウクライナ東部戦線を担当していたロシア軍のラピン中央軍管区司令官が解任され、リンコフ少将が司令官代行に任命されたとの分析結果を明らかにした。ウクライナ軍による反転攻勢を受け、ロシアの私兵、雇い兵から正規軍のラピン氏の責任を問う声が出ていた。英国防省はロシア指導層への非難をそらすための試みである可能性があると指摘している。

 ラピン氏は7月、東部ルガンスク州の攻略で指揮を執り、一時は戦果をたたえられたが、9月以降のウクライナ軍による反撃で劣勢に立たされた。

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文605文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集