タンザニア旅客機が墜落、19人死亡 43人搭乗、悪天候原因か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
 タンザニアのビクトリア湖に墜落した旅客機=6日、ロイター共同
 タンザニアのビクトリア湖に墜落した旅客機=6日、ロイター共同

 アフリカ東部タンザニア北西部ブコバで6日、空港に着陸しようとした同国のプレシジョンエアの旅客機が付近のビクトリア湖に墜落した。マジャリワ首相は乗客乗員43人のうち少なくとも19人が死亡したと述べた。地元メディアが伝えた。

 当局は悪天候が原因の事故との見方を示し、高度約100メートルでトラブルに見舞われたと説明。プレシジョンエアによると、同機は最大都市ダルエスサラームからブコバに向かっていた。乗客は39人で、うち1人が子どもだった。

 地元メディアが伝えた映像では、機体は尾翼以外が水没し、ボートを使った救助作業が行われた。墜落の様子を目撃した人は、旅客機が視界不良の中で不安定に旋回していたと語った。

 サミア大統領は…

この記事は有料記事です。

残り42文字(全文352文字)

あわせて読みたい

ニュース特集