特集

ソウル雑踏事故

ソウルの路上で2022年10月29日、多くの人々が折り重なるように転倒、150人以上が死亡する雑踏事故が発生。

特集一覧

「国民に申し訳ない」韓国大統領が雑踏事故謝罪 警察改革の方針

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
雑踏事故の犠牲者追悼集会で手を合わせる尹錫悦大統領(中央)=ソウルで2022年11月4日、聯合ロイター
雑踏事故の犠牲者追悼集会で手を合わせる尹錫悦大統領(中央)=ソウルで2022年11月4日、聯合ロイター

 韓国の尹錫悦(ユンソンニョル)大統領は7日の政府会合で、ソウルの繁華街・梨泰院(イテウォン)で日本人女性2人を含む156人が亡くなった雑踏事故に対して「言葉で言い尽くせない悲劇に直面した遺族と、その痛みや苦しみを共にしている国民に申し訳ない気持ちだ」と謝罪した。ずさんな警備態勢が露呈した警察の改革や責任者の処分に踏み切る方針も明らかにした。

 尹大統領は「国民の安全を守り、事故を予防する警察業務の大々的な革新が必要だ」と述べ、警察の当時の対応に問題があったことを認めた。韓国警察庁の特別捜査本部は7日、現場を管轄していた竜山警察署の前署長や竜山消防署長らを対象に業務上過失致死傷容疑などで捜査に着手した。

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文716文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集