特集

気候変動

気候変動対策強化へ世界が動き始めました。地球を守るために何が必要でしょうか。

特集一覧

COP27、首脳級会合始まる 岸田文雄首相は参加見送り

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国連気候変動枠組み条約第27回締約国会議(COP27)会場で記念写真に納まる各国首脳ら=エジプト・シャルムエルシェイクで2022年11月7日、ロイター
国連気候変動枠組み条約第27回締約国会議(COP27)会場で記念写真に納まる各国首脳ら=エジプト・シャルムエルシェイクで2022年11月7日、ロイター

 エジプト・シャルムエルシェイクで開催中の国連気候変動枠組み条約第27回締約国会議(COP27)で7日、首脳級会合が始まった。冒頭で国連のグテレス事務総長が演説し、温室効果ガスの排出削減を加速させる合意を実現するには「米中の2大経済大国が努力する責任がある」と結束を呼びかけた。

 首脳級会合は2日間の日程で、英仏独など約100カ国・地域の首脳が出席し、自国の気候変動対策などを演説する。岸田文雄首相は参加を見送った。同条約の会議で、首脳級のセッションが設けられるのは2年連続となる。

 グテレス事務総長は「先進国が率先して対策を進めなければいけないが、世界の排出量を減少に転じさせるには、新興国の取り組みも重要だ」と指摘。二酸化炭素を多く排出する石炭火力発電を先進国は2030年までに、新興国や途上国も40年までに廃止するよう求めた。

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文641文字)

【気候変動】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集