特集

米中間選挙2022

米大統領選の中間の年に連邦議会の上下両院、州知事などの選挙が一斉に実施される中間選挙が11月8日に投開票されます。

特集一覧

20年大統領選「否定派」の当落に注目 米中間選挙、8日投開票

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米国国旗の星条旗=2018年1月、高本耕太撮影
米国国旗の星条旗=2018年1月、高本耕太撮影

 米連邦上下両院選や州知事選などを一斉に実施する米中間選挙が8日、投開票される。共和党のトランプ前大統領に同調し、2020年の大統領選の正当性を認めない「選挙否定派」が、選挙の施行管理や結果承認の権限を持つ州知事や州務長官、州司法長官などの選挙に多数立候補。選挙否定派がそうした公職に就けば、今後の選挙の公正性が損なわれるリスクがあるため、当落が注目されている。

 「300人以上の選挙否定派が、共和党から立候補している。彼らは投票の権利を抑圧し、選挙結果全体を覆そうとするだろう。そんなことを許すことはできない」。民主党のバイデン大統領は4日の演説で、強い危機感を表した。

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文744文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集