台風14号 大分県の被害総額72億9050万円 養殖ブリ大量死など

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
台風14号の影響で木が倒れ、封鎖された県道22号の歩道=大分市西浜で2022年9月19日午後0時19分、井土映美撮影
台風14号の影響で木が倒れ、封鎖された県道22号の歩道=大分市西浜で2022年9月19日午後0時19分、井土映美撮影

 大分県は9月18、19日に県内に接近した台風14号の農林水産関係被害の確定値を公表した。被害は姫島村を除く17市町で4847件、総額72億9050万円に上った。農業の関連施設や養殖魚被害の判明のため、9月29日段階の速報値と比べて5・76倍に膨らんだ。

 このうち、農地ののり面や水路など関連施設が全体の半分を超える39…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文402文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集