“新米”農家が腕前競う 就農10年以下、市民100人が食べ比べ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
最優秀賞に選ばれた斎藤雄介さん(中央)=山形県鶴岡市で2022年11月6日、長南里香撮影
最優秀賞に選ばれた斎藤雄介さん(中央)=山形県鶴岡市で2022年11月6日、長南里香撮影

 コメどころ山形県鶴岡市で6日、“新米”の若手農家が腕を競うコンテスト「鶴岡ごはん日本一」が初開催され、市民約100人が食べ比べ、最もおいしいご飯を選んだ。

 就農10年以下の30人から応募があり、食味計や料理人らによる1次、2次審査を勝ち抜いた上位8人を対象に投票を実施。同市羽黒町の中山間地10ヘク…

この記事は有料記事です。

残り169文字(全文319文字)

あわせて読みたい

ニュース特集