ほうじ茶の葉も…フランス人醸造家が生む湘南素材の個性派ビール

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「イグドラジル・ブルーイング」のカウンターに立つダビドさん。ビールのラベルは妻がデザインしている=2022年10月18日午後3時15分、本橋由紀撮影
「イグドラジル・ブルーイング」のカウンターに立つダビドさん。ビールのラベルは妻がデザインしている=2022年10月18日午後3時15分、本橋由紀撮影

 神奈川県平塚市の住宅街にあるビールパブ「イグドラジル・ブルーイング」に入ると、店の奥に大きな銀色のタンクが見える。ここで月替わりで醸造するさまざまなビールやシードル8種類と、瓶入りの数種類を提供する。店主はフランス人のダビド・ガーダオさん(44)。小さな醸造所ならではの小回りを効かせ、地域の産物とコラボするなど個性豊かなビールを生み出している。【聞き手・本橋由紀】

この記事は有料記事です。

残り1227文字(全文1411文字)

あわせて読みたい

ニュース特集