獅子ケ岳でブロッケン現象 三重のアマカメラマン「20年通い初」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
獅子ケ岳に出現した神秘的なブロッケン現象(右下)。光の輪の中に、撮影した林隆久さんの影が浮かび上がっている(林さん提供)
獅子ケ岳に出現した神秘的なブロッケン現象(右下)。光の輪の中に、撮影した林隆久さんの影が浮かび上がっている(林さん提供)

 三重県玉城町上田辺のアマチュアカメラマン、林隆久さん(72)が2日、度会町の獅子ケ岳(標高733メートル)で発生した「ブロッケン現象」を写真に収めた。林さんは「富山県の立山連峰や、岐阜・長野県境の乗鞍岳で遭遇したことはあるが、20年以上通う獅子ケ岳で見るのは初めて。気象条件と光が織り成す神秘に身近な場所で出会え、感動しました」と話してい…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文427文字)

あわせて読みたい

ニュース特集