酒井くにおさん死去 漫才コンビ「酒井くにお・とおる」 74歳

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
亡くなった酒井くにおさん(右)と、相方の酒井とおるさん=大阪市中央区で2018年10月16日、山田尚弘撮影
亡くなった酒井くにおさん(右)と、相方の酒井とおるさん=大阪市中央区で2018年10月16日、山田尚弘撮影

 兄弟漫才コンビ「酒井くにお・とおる」として長年活躍した酒井くにお(さかい・くにお、本名・酒井国夫=さかい・くにお)さんが10月28日、慢性虚血性心疾患のため死去した。74歳。葬儀は近親者で営んだ。喪主は弟の酒井とおるさん。

 岩手県出身。1970年、兄弟そろって東京で浪曲漫才のさがみ三太・良太に入門。当初はコントをしていたが、72年に大阪に移って漫才へ転向。「とおるちゃん!」というギャグで人気を集めた。97年に上方漫才大賞を受賞。今年10月21日に心斎橋角座(大阪市中央区)で開かれた寄席に出演したのが最後だった。

この記事は有料記事です。

残り541文字(全文800文字)

あわせて読みたい

ニュース特集