「末永く孫子の代まで」 旧東海道で「こも巻き」、松の病害虫駆除

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
松の木の幹にこもを巻き付ける造園業者=静岡県三島市川原ケ谷で2022年11月7日午前8時12分、石川宏撮影
松の木の幹にこもを巻き付ける造園業者=静岡県三島市川原ケ谷で2022年11月7日午前8時12分、石川宏撮影

 立冬の7日、静岡県三島市川原ケ谷の旧東海道の松並木で、病害虫を駆除するために松の幹にこもを巻く「こも巻き」が行われた。松並木は約1キロあるが、2020年は17本、21年は2本が病害虫のため枯れたという。

 こも巻きは、越冬のため、地面に下りようとする虫をこもに導き、春先にこもごと処分する病害虫の退治法。三島の松並木の場合、翌年の…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文413文字)

あわせて読みたい

ニュース特集