特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

阿波和紙でウクライナの歴史守る 古文書修復用に8500枚無償提供

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
徳島県がウクライナに無償提供する5種類の阿波和紙。薄さが異なることが分かる=徳島県庁で2022年11月4日午前11時31分、植松晃一撮影
徳島県がウクライナに無償提供する5種類の阿波和紙。薄さが異なることが分かる=徳島県庁で2022年11月4日午前11時31分、植松晃一撮影

 徳島県が伝統工芸品の「阿波和紙」8500枚をウクライナに無償提供することになった。ロシアの侵攻でリビウの国立歴史公文書館が取り組んでいる古文書修復に必要な紙の確保が難しくなったことを受け、支援を決めた。

 県などによると、公文書館関係者が文化財の修復材料として評価の高い、薄くて丈夫な阿波和紙の特長を富士製紙企業組合(徳島県吉野川市)の英語サイトで見つけ、…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集