特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

CFで規格外野菜買い取り、廃棄ロス削減へ 返礼品にも使用 福島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
山際食彩工房の山際博美代表(左)と妻の明美さん=会津商工信用組合提供
山際食彩工房の山際博美代表(左)と妻の明美さん=会津商工信用組合提供

 コロナ禍などによる地元農産物の廃棄ロスを削減しようと、福島県会津若松市の山際食彩工房(山際博美代表)は、全国信用協同組合連合会が運営するクラウドファンディング「MOTTAINAIみらい」(https://camp-fire.jp/curations/mottainaimirai)を通じて寄付を募っている。寄付金は廃棄される規格外野菜などを買い取るために使う。支援者には返礼品として福島県産牛など地元食材を使ったレトルト食品を提供する。

 山際代表はホテルの料理長を経て、2011年に商品開発を志し、同工房を設立した。しかし開業1週間後に東日本大震災が起きて、被災者への炊き出しに追われた。地元の農家から「食材を真空パックにして避難所に届けてほしい」という声が寄せられ、小規模生産者のための加工施設にすることを思い立った。

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文635文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集